2017年 03月 22日

彫刻清掃

3月20日
恒例の宇部市の彫刻清掃イベントが行われました
毎年、春分、秋分の日に有志が集まって、市街や常盤公園の野外彫刻を清掃するイベントがあるのです

前回の秋は朝方の雨で早朝中止になったのですが、予定時刻には晴天になって苦笑いだったのですが
足場が悪かった可能性もあり、事故回避を思えば妥当な判断だったでしょう

今回は天気予報では午前中は大丈夫だったので予定通り開催されました


d0317903_21375723.jpg
今回、担当の彫刻は常盤公園スポーツ公園のこの彫刻なのですが(前日下見時に撮影)
高さが6mあります
NTT西日本山口のみなさんが担当で、高所作業車が出動されます

d0317903_21422500.jpg
結構汚れています(前日3月19日撮影)


d0317903_21435315.jpg
当日、彫刻清掃の開会式の様子(湖水ホール)
前年と同様に200名以上の参加者が集まりました
今回は26箇所の彫刻の清掃が行われました
私の担当のメンバーは、開会式に参加せず、現場に先乗りしたようでした


d0317903_21483093.jpg
近くの彫刻の担当者に車で送ってもらったら、高所作業が完了していました


d0317903_21504222.jpg
きれいになった彫刻の前で記念撮影
NTT西日本山口の別働隊に人数を割いた関係でここでは少数精鋭で早めに終わりました


d0317903_21541290.jpg
近くの彫刻を清掃する「国際ホテル宇部」の若手メンバー
楽しそうなのがほほえましい


ここから、閉会式の湖水ホールまでは徒歩40分以上かかりますが、歩きを選択いたしました
d0317903_22033152.jpg
前日に撮影したものですが、常盤湖畔北キャンプ場辺りからの夕暮れの景色です
当日はこの辺りでお腹がおかしかったのですが、キャンプ場のトイレを使わなかったことで地獄へ


d0317903_22071242.jpg
この写真は前日撮影
当日は腹の具合が尋常ではなくなって、この長い道のりを絶望感をもって呆然と眺めていたのでした

d0317903_22135127.jpg
これも前日撮影
景色を見る余裕もなく、全身鳥肌状態で歩くのみ

最初の北キャンプ場のトイレに行っておけばよかったと後悔しても詮ない話
ここまで来てしまったのだから次を目指すしかない
朝、調子に乗って牛乳を思いっきり飲んだことを恨んでも仕方がないこと

運を天に任せてある種達観できたのあろうか、あきらめの心境になったところで、もう一つのキャンプ場が目に入った
ここで気を許すと危ない
慌てず、騒がず、何事もなかった体で便座に腰を下ろした、この感覚は久々の、、、

6年前まで東京にいた当時、お腹がゆるかった私はトイレ事情をあらかじめ把握しておいたことを思い出した
京王線で新宿、大江戸線への乗り換え途中のトイレ
大江戸線の新宿駅の誰もこないトイレ
青山一丁目も誰も来ないトイレ
大門の結構人は来るけど回転の速いトイレ
普段から準備していると、いざと言うときに余裕が生まれるのです

今回は準備ができていなかった関係で、子供みたいにびびりました
間に合ってよかった


一回だけだけど、会社で間に合わなくて
トイレットペーパーをいっぱい詰め込んで「問題が起きたんで帰るわ」って早引けしたことがあるのが懐かしい



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/







[PR]

# by ubeon | 2017-03-22 22:46 | 宇部の彫刻 | Comments(0)
2017年 03月 15日

わりと日常

日中は過ごしやすくなりましたね

ほぼ冬眠状態から脱却しなければなりません

確定申告を毎年お願いしている会計事務所に行って
2月14日に九州に住む姪っ子から送ってきたチョコレートのお返しを段取りして
砂糖がないと言われたので、どこぞのスーパーに立ち寄ることを忘れずに

国道を東に向かっていると、たまには肉が食べたい(いつも鶏肉なので牛肉が食べたい)と思ったのだけれど
うっかり曲がりそこねて西岐波床波地区へ
d0317903_02294041.jpg
白土海水浴場に着いたら飛行機が着陸態勢に入っていた
風向きの関係でいつもと逆側から進入している

この海水浴場、子供の頃に泳いだことはあるのですが、今は甲羅干しがまばら程度で泳ぐ人はいません
詳細は割愛いたします


d0317903_02354002.jpg
海岸沿いを西側へ移動、床波漁港の西側の防潮堤から
この鳥は何だ
サギとは違う感じ

d0317903_02382276.jpg
これ
クロヅル? わからん


d0317903_02411709.jpg
どのような護岸工事が行われているのかは不明ですが、のどかだ


d0317903_02433306.jpg
さらに西側へ移動
旧長生炭鉱の海底炭鉱の遺跡が見えるのがなんとも


d0317903_02465134.jpg
下に降りてみた
貝類を捕りに来た人も見かけたけど、落ち着かない


d0317903_02502169.jpg
この海岸通りは湘南と違って、夏場でも渋滞することはない


d0317903_02521859.jpg
始めに立ち寄ろうと思っていたショッピングモールへ(屋上の駐車場から)
この辺りは幼少期の思い出からか、好きな景色で何度もUPした旧東見初炭鉱の積出港跡

d0317903_02572936.jpg
少し南側を見る
宇部セメントの生コン工場が見えますが、この代理店の歴史は古いです
道路を挟んで手前のショッピングモールの駐車場辺りにあった東見初炭鉱の竪坑櫓が
現在の常盤公園石炭記念館の展望台になっていることは宇部市民なら皆さんご存じなはず、ですよね



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/







[PR]

# by ubeon | 2017-03-15 03:08 | 生欠伸 | Comments(0)
2017年 03月 04日

高校時代の同級生と飲んだ

琴司のたましげ君に「飲もうや」って電話したら、なつかしい同級生にも連絡してくれて
プチクラス会が開催されました


d0317903_02111744.jpg
バス停「宇部中央」
以前は賑わっておりましたが、さびしい


待ち合わせの時刻より少し早く着いてしまったので、近くを散歩
d0317903_02160254.jpg
「BACK STREET」ていうお店で待ち合わせなので、店だけ確認
ネーミングに問題はないのか心配になりつつ、近くを散策
別に知らない場所ではないのですが、ずいぶんな変わりようで、少し変な気持ちになった


d0317903_02195584.jpg
撮影者が悪い
すぐ近くの国道の向こう側に工場群が、、、うまく表現できていません


d0317903_02221234.jpg
19:00頃のアーケード
昔の賑わいはいずこへ なんとも言えない


d0317903_02252821.jpg
「BACK STREET」のBOX席で話が弾んだ
おもしろい料理が印象に残った
シングルモルトもちゃんと置いてあって、おいしく飲めた
普段はチューハイレモンですが

すてきな店なのに、私たちの帰り際に二組目がやっと来た感じで、店名に問題があるとしか思えない
逆に考えると、目立たない場所にあって、隠れ家的に使えると思えますが、
貯金を切り崩す生活があまり長く続くと、マスターが店を止めてしまいます

こっそり彼女を連れて行きたいと思うのですが、今はいません



なんだかんだで、2件目のスナックでわいわい
d0317903_02371918.jpg
たかじんがいた
同級生の「ようすけ君」なのですが、たかじん以外の形容が見当たらんのです
本物のたかじんさんみたいに強烈なツッコミはできなくて、ボケ専門です
男子校(現在は共学)だったのですが、みんなにいじられる人気者でした
みんな容姿は劣化していますが、性格が一切変わっていなかったのが、うれしくて面白かった


温泉旅行の疲れが残ったままでしたが、騒いでさらに疲れた感じです





_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/







[PR]

# by ubeon | 2017-03-04 02:55 | 生欠伸 | Comments(0)
2017年 03月 03日

温泉がひさびさだった件

d0317903_23513731.jpg
JR宇部新川駅
ここから始まることが多い


d0317903_23530055.jpg
下関駅に着くと、ホテルの送迎バスが迎えに来てくれる
ちなみに、下関-小倉-別府便は下関の「サンデン観光バス」が担当らしい


d0317903_23570799.jpg
高速に乗って関門橋を渡り九州へ


d0317903_23583638.jpg
小倉駅北口に到着
私が慣れ親しんだのは、海側のこちら側ではなく、一時期モノレールに乗って小倉競馬に通った南側である
南口通路で通り魔事件があって、血のりの続く様子をみてびびったことを思い出す


d0317903_00081893.jpg
トイレ休憩は今川PA
九州のなかで冷遇(?)されている東側(日豊本線側)に出来てもない感じの自動車道やサービス設備の一つ


別府湾が見えて来て、程なくして到着
d0317903_00175120.jpg
d0317903_00191926.jpg
見えていない部分も含めて全部同一ホテル
私ら一番右の本館に宿泊した関係で、一番左の大展望露天風呂や各種設備に行くために、スリッパでペッタンペッタン何百メートルも歩くことを余儀なくされてヘトヘトになっていたことを翌日痛感しました
結構な急斜面に並んで建てられていて、説明するのがつらい


d0317903_00264790.jpg
客室から南東方向の景色
雲の形がなんとも言えない


d0317903_00300030.jpg
このタワーの正体を聞き漏らしてしまったことが悔やまれる


昼食は3種類のパスタから選択して食すことがコースに含まれていた
私は「じゃこと高菜のパスタ」を選択

夕食までヒマをもてあますので、当然温泉
大展望露天風呂「棚湯」へ
NHK「ブラタモリ」で少し前に放送された別府の温泉湧出量の秘密で紹介された、大規模な地殻変動がありました
大きな断層の高い部分の棚田のような形状の露天風呂
明るいウチに入ったので、きれいな青空や雲を見上げながらの入浴は、今までに経験のないものだった

断層の関連で、熊本地震のときに別府もかなり揺れたようだが、心配はしていました
無事に山口に帰ってから、夜に震度4の地震があったみたいで、なんとも
東京在住時、何度も地震の揺れは経験したいますが、逢わない方がいいです


夕ご飯は、バイキング形式で、若者向けの感じがする料理が並んでいました
牛ステーキや魚介のおつくりを中心に炭水化物を排除して楽しみました
トッピングの酒類、「せきさば」「せきあじ」等もおいしくいただきました


d0317903_00594071.jpg
日が落ちたら、いろいろなイベントが用意されていて、若い年齢層にも配慮しているようでした
平日なのに満室とききましたが、若者男女にインタビューしたところ、大学生や専門学校生の「卒業旅行」が多かったみたいです
バブルの頃は「卒業旅行」といえば、外国だったきがしますが、デフレ傾向が続いたご時世、手頃なところで手を打つのでしょうか
わかりませんが、あの頃の浮かれた若者の影はなく、さわやかで謙虚な感じを受けましたが、サンプルの場所が違いますので一概には言えません

d0317903_01161767.jpg

d0317903_01184383.jpg
本館の偶数階に喫煙ルームが設けられていて、同部屋の仲間や無関係の人の受動喫煙には配慮されているようです
というか、過剰納税者の喫煙者に対する配慮が出来ていると思うのです
ここで、初対面の人と会話が弾んだのが思いの外収穫です


d0317903_01310549.jpg
朝7時ころの景色
あのタワーは何だ


8:30に朝食をとって、チェックアウト
しかし、無料の下関までの送迎バスは14:10出発
ただでは帰してもらえません
こちらもただで帰るつもりはないので
クロークに荷物を預けて、別府駅までのシャトルバスで散策に


d0317903_01340437.jpg
なんだこれは
「あぶらや・くまはち」という方の像らしいですが、説明は割愛いたします


d0317903_01420783.jpg
ほのぼのした商店街をぬけて


d0317903_01431761.jpg
竹瓦温泉
由緒ある温泉なのですが、説明は割愛いたします


d0317903_01462629.jpg
竹瓦温泉から少し海岸側に出ると、国道10号線沿いに別府タワーが見えた
既にへとへとでしたが、北浜ヨットハーバー側からヨタヨタ歩いて


d0317903_01482097.jpg
登った
入場料は200円
北側の景色

d0317903_01513013.jpg
南側、高崎山方面


d0317903_01523481.jpg
西側、宿泊したホテルを見てみる



帰りのバスでは半分寝ていたので、記録が残せていません
疲れた
一人だったら、こんなに動けていません

知らない場所の町並は、どこに行ってもそれぞれ素敵です




_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/







[PR]

# by ubeon | 2017-03-03 02:01 | 生欠伸 | Comments(0)
2017年 01月 29日

さぼった分のまとめ

プーチン大統領が帰った直後から、何年かぶりに風邪を引いてしまって
久々に使った体温計に表示された38.8にびびったのですが、すぐに熱は下がりました
治りかけの咳と鼻水がつらかったです

そこで、年に一、二度発症する「何もしたくない病」にかかってしまったわけです
もともと朝昼のご飯を抜く(面倒くさくて食べない)のは普通なのですが
やった方がいいんじゃないことをやりたくなくなくなってしまう時期があるのです

別に引きこもっているわけではないのです
最低限必要なことはやるのですが、やった方がいいことができないのです

したがって、ブログの更新も滞ることになります

年末年始、引きこもっていたわけではないことを証明しても詮ない話ですが、後付けです


第九『歓喜の歌』でHAPPY END 2016 in 渡辺翁記念会館」
2016-12-18
d0317903_00043681.jpg
昨年もレポートしましたが、祭の前

d0317903_00080773.jpg
みんなで「第九」を歌うリハーサル 本番は舞台にすき間がなかったように思います


2016-12-24
d0317903_00125872.jpg
宇部中央銀天プラザの電飾
d0317903_00154931.jpg
賑わっていた当時を知っている私にとって寂しい宇部中央銀天街  人がおらんのじゃ


2016-12-31
年末の買い出しに立ち寄ったショッピングモールの屋上駐車場から
d0317903_00284372.jpg
撮影しているところに東見初炭鉱の竪坑櫓があったこと、写真右側が石炭の積み出し港だったことを知らない市民が多いことだろう


2017-01-14
d0317903_00364578.jpg
これは何かというと、雪で立ち往生の画像ではなく、大学入試センター試験後の道路状況
試験会場の山口大学工学部付近の市道なのですが、毎年こうなります


2017-01-18
空港の近くを走行中、見慣れない機体が着陸するのを見て野次馬しました
d0317903_00502389.jpg
2016年11月から宇部ーインチョンの定期便が週三便就航したのでした
d0317903_00534358.jpg
国際線ロビーにハングルが飛び交っておりました


2017-01-24
d0317903_00575717.jpg
ま、朝方部屋から海の方を見てみたのですが、天気がいいのか、乾燥しているのか
向こうの山は九州です

最近関東で富士山がよく見える話をよく聞きますが
乾燥しすぎなのが影響してるみたいですね

d0317903_01053466.jpg
渡辺翁記念会館と宇部市文化会館の渡り廊下からの景色なのですが



個人的に好き




_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/









[PR]

# by ubeon | 2017-01-29 01:14 | Comments(0)